ウォーターサーバー 持ち上げないで水を楽に交換が出来る機能をもった商品

ウォーターサーバーの普及率や売上高が一番だからといってあなたに一番なのか?と問うとそうでもありません。東日本大震災をきっかけにウォーターサーバーの普及はいっきに広まりました。いっきに広まった時にウォーターサーバーの常識がきまったともいえます。ここでいう常識とはウォーターサーバーをレンタルし水を購入するというスキームです。

本来はウォーターサーバー本体を購入してもよいのではないか?ということはずっと疑いもしない常識として事が運ばれてきた気がします。

しかし、ここ2~3年のあいだでウォーターサーバーのみを購入し水は好きな物をのむという時代の幕開けがあったように思います。ご存知AMAZONが打ち出してきた購入型のウォーターサーバーです。

未だレンタル型ウォーターサーバーが主流ですのでサーバーの種類の豊富さも圧倒的ですしウォーターサーバー 持ち上げないで水を楽に交換が出来る機能をもった商品というピンポイントの用途にそって探すとなるとやはりまだまだレンタル型に歩がありますが選択肢の一つとして購入できるサーバーが出てきたのはウォーターサーバー業界にとってはかなりの脅威となるでしょう。

購入型のウォーターサーバーの最大のメリットは水選びが自由になるという事。今までのレンタル型ウォーターサーバーは、無料貸し出しとお水の販売がセットで扱われていました。水のノルマも厳しく設定されているので無料レンタルだけ行いお水は外部で購入するという事はできません。

購入型のメリットはこれに縛られなくてもよいですしその月の気分によって自由に水が選択できるわけ。但し、今現段階では水の種類が少ないので普及してきたら水の販売メーカーがamazonのウォーターサーバーのサイズに合わせたお水を販売してくると思われます。

おそらく、徐々に人気が出てきていけるとおもったらウォーターサーバーの機種も増えることでしょう。

レンタル型のウォーターサーバーも進化を問われる時代

今現時点で努力が無いということはありません。むしろ十分すぎるサービスは提供できていますが購入型の本格参入により、勝ち組のピラミッド構造が変動する気がするのです。そのまま胡坐をかいていたらの話ですが・・・。

というのもレンタル型のウォーターサーバーは水の種類が限られています。多い会社でも4種類くらい。お客さん的にはその4種類から好きな水が無かったらほかと契約したほうが良いと考えるのが普通でしょう。

amazonで購入できるウォーターサーバーの水は既に4種類以上存在しているのでお客さんのお水に対しての需要を受け止められるのは購入型のほうが圧倒的によくなっていく可能性がるのではないかと考えているのです。

サーバー本体の性能やデザイン性に関してはまだまだレンタル型のほうが圧倒的ですし、取り揃えている水もそれなりのものですから、総合力としてはまだ経じゃなのですが、購入型ウォーターサーバーが力を一気につける前に例えば100種類の水から選べるとか今までになかった奇策を行う必要もあるのではと。

私的にはダイエット月間を行う際は硬度の高いお水を飲みたいのでコントレックスとかと提携して飲めるようになったとかあれば速攻でそのウォーターサーバーを導入すると思います。

コンテンツ記事